時そばの『蕎麦』。

前回の記事では今年の趣味で主に研ぎ、砥石について書きましたが、今回は蕎麦で。

手打ち蕎麦は今年の1月から教室に通いだしたわけですが、粉1kgで年越しそばを打てるようにと言う目標を立てました。
蕎麦打ちは過去挫折した経験があり、不安もありましたが、教室でほぼマンツーマンで丁寧にご指導いただき、なんとか形になった・・・・かな、と。

そんなわけで、ご指導頂いている 四天王寺 はやうち さんへ今年のお礼と〆を兼ねて行ってきました。

続きを読む 時そばの『蕎麦』。

今年の砥石・研ぎを振り返って~

滅茶苦茶月並みではありますが・・・もう年末、一年終わり、早すぎです。
ネタは細々あるのですが、最近FBを始めたせいでそちらにUPして満足してしまうことが多いです(笑)

さて、昨年同様、今年の手持ち砥石・研ぎを振り返ると、キーワードは『研承』『田村山』。これにつきます。

続きを読む 今年の砥石・研ぎを振り返って~

京都有次 菜切り包丁(ガテン系菜切)

先日入手した京都有次 上製菜切包丁。

モノは良さげながらかなり悲惨なお姿に・・・。
これまでくぐってきた修羅場を物語るかのような傷と欠け。サビをこそげ落とした跡。

有次さんの上製菜切りは峰厚もしっかりあり、全体的に身厚で少々サビを削り落としたぐらいではびくともしない、質実剛健、ガテン系な包丁で、これはなんとかして本来の姿に戻ってもらわねば~と、再生作業を初めたのでした。 続きを読む 京都有次 菜切り包丁(ガテン系菜切)

ひょうたんから沼田

という事で、今回は天然中砥石の沼田砥についてのお話です。

先に少し専門的なことを言うと、中砥石(中粒度、1000番~3000番程度)の分野では人造砥石の技術革新が進み、今や天然中砥石を使う意味があるのかどうか難しいところではあります。
ですが、趣味性としては面白い分野で、ついついトレジャーハント心をくすぐられて今回、沼田砥をゲトしてしまいました~

続きを読む ひょうたんから沼田

道具マニアの目ぇ

先日、三重の月山義高刃物店さんに伺った際、マニアックな道具を見つけてしまいました。

厳密には見つけたというより、以前から ○○みたいな感じの無いですか? ○○が欲しいんですかど~、と相談していたアイテムが製品化されていたと言うことで、即購入!!

続きを読む 道具マニアの目ぇ

~白髪犬ブログ分室~   趣味の日々事。