toggle
2017-12-27

時そばの『蕎麦』。

前回の記事では今年の趣味で主に研ぎ、砥石について書きましたが、今回は蕎麦で。

手打ち蕎麦は今年の1月から教室に通いだしたわけですが、粉1kgで年越しそばを打てるようにと言う目標を立てました。
蕎麦打ちは過去挫折した経験があり、不安もありましたが、教室でほぼマンツーマンで丁寧にご指導いただき、なんとか形になった・・・・かな、と。

そんなわけで、ご指導頂いている 四天王寺 はやうち さんへ今年のお礼と〆を兼ねて行ってきました。

突然ですが、落語のネタで『時そば』というのをご存知でしょうか?
蕎麦を食べに来た男が、屋号が良いだの、蕎麦のつゆが良いだの、ちくわが良いだのともちあげて勘定の際、話をそらせてお代を一文ごまかすという・・・。
(落語の中でもかなりメジャーなお話なのでご存じの方も多いと思います)

実はその”時そば”で 「おぃ、そば屋、何ができるんでぃ?」「へぃ、花巻にしっぽくで。」と言う一節がずっと気になっていました。
そう、蕎麦屋が言った 『花巻』『しっぽく』という蕎麦のメニューについてです。
どちらも現在の蕎麦屋さんではあまり見かけることがなく、落語でそれを知ってから機会があれば是非食べてみたいと思っていたのですが、なかなか巡り会えませんでした。

で、『はやうち』さんのメニューには『花巻き』が、あったのです!
普段は特に何も考えずせいろを頼んでいましたが、今日は『花巻きそば』と決めていました。
蕎麦だけというのも味気がないので・・・はやうちさんの丁寧なお仕事を堪能させて頂きました。

 

つきだしに数の子の蕎麦汁漬け。熱燗でいただきます!

続いて、そば豆腐と里芋のあげだし。
とろみのついた出汁あんが全体をやさしくまとめます。

お酒を冷やの新酒 萩の鶴に変えて

にしん煮をいただきます。
色は濃いめですが、醤油辛さは微塵もなく実に上品に仕上げられています。

中締めに太巻きを半量で。
卵焼きはふわっと太く、シャリは適量、全ての塩梅が整っています。

最後にお待ちかねの初『花巻き』

かけそばに海苔、ネギ、別皿で薬味のわさび、という至ってシンプルな種物。
ズズッ、と一口、うまい。
山葵を海苔にのせてもう一口、!!!!うまい。

海苔の磯風味と山葵のピリッとしたハーモニー、まさに海と山の香りがお互いに蕎麦を引き立てあって作り出した一杯。

そんなにたくさんのお蕎麦を食べてきたわけではないので、あまり知ったふうな口を利けませんが、この”花巻き”、温かいお蕎麦では一番純粋に蕎麦を味わえるのではないかと感じました。
素のかけそばでは味わえない蕎麦の良さを引き出しつつ、てんぷらやたぬき程主張しない・・・。
これから冬は花巻きにハマりそうですw。

後は『しっぽく』、どこか大阪で食べられるお店は無いものか・・・。

という事で、蕎麦ネタ(年越しそば)で今年を〆たいと思います。
良いお年を~m(_ _)m

 

 

_

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク