ひょうたんから沼田

という事で、今回は天然中砥石の沼田砥についてのお話です。

先に少し専門的なことを言うと、中砥石(中粒度、1000番~3000番程度)の分野では人造砥石の技術革新が進み、今や天然中砥石を使う意味があるのかどうか難しいところではあります。
ですが、趣味性としては面白い分野で、ついついトレジャーハント心をくすぐられて今回、沼田砥をゲトしてしまいました~

沼田砥の産地は群馬県で、入手した瓢箪印の沼田砥は通称 ひょうたん沼田と呼ばれ、特定銘柄で流通していたようです。

粒度は均質でかかりも良く、軟口過ぎない包丁向きな程よい硬さ。
泥がなくても研ぎやすいですが、泥を出すと地金がより黒く、キズも浅めに仕上がります。
この泥が不思議で、一見ぬるっとしているのに滑走感を妨げず、サクサクと言う研ぎ感が味わえます。
又、過剰に泥が出て重くなることもありません。

一般的な粒度に例えると難しいですが1500~2000番位に感じます。

せっかくなので手持ちの天然中砥石を研ぎ比べた写真です。
(包丁は白二鋼霞の貝裂き)

上から丹波青砥・沼田砥・硬口青砥

丹波青砥

粒度はあまりそろって無い感じです。
砥泥が多めでいわゆる典型的な青砥という感じかもしれません。

ひょうたん沼田

今回紹介した沼田砥です。

産地不明硬口青砥

硬口で均質、研磨痕も浅いです。

これらの天然中砥石は人造砥石から天然白巣板への中継ぎに活躍しています。
が、、、ここまで書いてなんですが・・・ぶっちゃけこのポジションにも当てはまる人造砥石がありまして、性能が安定して適用範囲が広く満足しています。

じゃぁ何故天然砥石を・・・となりますが、なんなんでしょうね~~ノスタルジー?ですかね~。
あとちょっと研磨力がほしい、あとちょっと傷を浅くしたい・・・・様々な思いはありますが、仕上げ砥石の天然は明確に利点があって使うのに対して、中砥の天然砥石は感覚面や純粋な自分の知識欲で使ってる感じですね。

さて、天然砥石尚さんのブログでも紹介されていますが、人造砥石 研承シリーズで 継#3000と頂#1000が新たにラインナップに加わるようです。

このように人造砥石も日々進化していますので、一つの価値観にとらわれること無く、多角的に研ぎに向き合っていきたいと思うこの頃です。

 

 

_

スポンサードリンク

「ひょうたんから沼田」への2件のフィードバック

  1. 瓢箪沼田砥を手に入れられたんですね!^_^
    ちなみに入手先はオークションでしょうか?
    最近、沼田砥石を欲しくて探しているところだったりするので、良ければ教えて頂けると嬉しいです(*^^*)

    中砥石は自己満足で使っている部分が大きいのですが、腕を上げて使う意味があるっていうところを目指したいです!(^_^)

    1. >酔いどれさん

      風のうわさに沼田砥マイスターと伺っております(`・ω・´)ゞ

      はい、先日オークションにて入手したしました。
      最近はオークションの天然砥石も価格が高騰気味でなかなか気軽に手が出せなくなってしまいました・・・(;´д`)トホホ…

      人造にしろ天然にしろ、研ぎを深めていけば行くほど細分化されて、刃物とのベストな相性を探し出せた時の喜びを感じますww
      沼なのは解ってるんですが、どうしても残り1割~2割を考えてしまいます・・・。

      こちらこそ、なにか良いモノがございましたら教えて頂けたらと~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA