包丁研ぎ環境を更新しました

つい先日、包丁研ぎ環境を更新し、かなり使い勝手が良くなったので、簡単にレポします~。

これまでの研ぎ環境

R0011994-1
R0012012-6

ホームセンターの小型のコンテナBOXに自作の砥台を橋渡しにして使用。砥台はホームセンターの集成材を現物合わせで切り、木工ボンドで接着後、カシュー塗装したもの。
安い集成材の場合、表面を塗装しないと水分を吸って木が変形し、接着面が剥がれます>経験済み(;´д`)トホホ…。

R0012001-2

ガタつかず、これはこれで満足だったのだけれど、コンテナの大きさが微妙で、下の水に沈めた砥石や面直し器を取るにもちょっと窮屈。
研ぎで出た砥泥も下に落ちるようにはなっていますが、やはり面積の窮屈さから周りが汚れてしまうことも・・・、これより大きいサイズのBOXだと高さも出るので研ぎづらくなってしまいます。

段々と研ぎにこだわり、研ぎの頻度が増えるにつれてストレスも増えてきたので、ちょっとだけ奮発しました。

Tojiro-Pro 砥石固定台

R0011941-1

新たにステンレス製の砥台を導入しました!

シンクの幅に合わせて自由にサイズが変えられます。重さは2kg近く、ガタツキも一切なし、非常に安心して作業ができます。

R0012006-4

一番便利に感じたのが、蛇口がダイレクトに使えること!研ぎながらちょっと水を垂らしたり、水を流しながら面直ししたり、掃除したり・・・水まわりのストレスが一気に無くなりました。

R0012004-3
R0012008-5

その道の人にはあたり前のことなのかも知れませんが、ちょっと包丁研いで見ようかな・・・という方も、研ぎで周りを汚したり、準備や片付けがが面倒だったりすると研ぎ作業自体が億劫になって、段々遠ざかっていく原因になります。

ぜひ、流しのシンクにDIYで板を渡して固定してみてください。自分はこれで“今日も包丁研ごうかな・・・”という機会が随分増えました!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA