100均包丁を真剣に研いでみた。

秋もだいぶ深まり、絶好の研ぎ日和の毎日です・・・。さて、表題を補足すると、こちら【鉄と石】ブログをされている楽園さんの企画で『切ろう会・通信課』と言う100均包丁研ぎのコンペに参加させてもらうため、課題の包丁を研ぎました。

普段、なかなか課題を考えて砥ぐことはないので、こういった企画で色々(研ぎ・切れ・刃先画像等)意識しながらチャレンジしてみようと思い立ちました。

今年の夏導入したPEAK(300倍)の顕微鏡を投入してのガチです(笑)もう逃げ場がないw。

さて、コレがなくては始まらない、課題包丁(ダ◯ソーさん)

img_9468

箱出し時点、刃先の状態。
img_9470

ベースはニューケントの#1000 → #700硬口 → レジノイド#1000 → キングハイパー#1000 → キングハイパー#2000

ベース研ぎを終えての刃先の状態。
img_9472
img_9473

小刃付け無しの#2000なので、刃先は荒いですね~

さて、ココから天然砥石を試します。

まず、八箇山のコッパ(超軟口)。アトマをあてると溶けるように泥が出てきますw。
img_9474
img_9476

紙への食いつきは良いものの、切れ方は荒い感じ。紙の繊維がひっかかる様な・・・。

次、大平山合砥。硬めながら泥も適度に鋼も下ろす。粒度はそれほど細かくない。
img_9477
img_9478

刃先は大分そろってきた感じ。ハッカよりはなめらかな切れ味だけど・・・ちょっと物足りない。産毛への食いつきがちょっと弱い。中途半端なイメージ。

次は一番最近入手した新田の戸前。やや軟口、クッション性のある研ぎ感、鋼の下りは良い。
img_9479
img_9484

刃先の揃いは良い感じ。浅いながら細かい傷が入る。紙への切り込み、産毛のかかりが良い感じ。

うーん、本チャンはこの新田仕上げで、小刃をもう少し調整して提出しようか・・・。結果はどうなるか・・・はさておき、ブログのネタにはなったので良し(๑•̀ㅂ•́)و✧と!!

自分にとって後にも先にもココまで100均包丁を真剣に研ぐ事は無いだろうなぁ~~笑。

スポンサードリンク

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

4 thoughts on “100均包丁を真剣に研いでみた。”

  1. こんばんは、提出用の研ぎですね! 砥石と機材の充実っぷりが凄いですね〜(^^)

    僕も今回初めてギャラクシーを真剣に研ぎましたが、グニャグニャの硬度とヒラヒラのカエリが強敵でした(笑)

    1. もりさん
      ついつい道具が先行してしまって・・・果たして腕がついていってるのか??ただ、腕と道具は車の両輪のように思いますので、道具に負けないように・・・とは心がけているのですが。

      いくら顕微鏡で見たところで実際の切れ味ばかりは分かりませんのでw結果を天に任せて発送しようと思います。
      この包丁を100円で販売できるのも凄いですが、グニャグニャ感は同じく手こずりました~

      面白い企画を考えてくださった楽園さんに感謝です!

  2. 白髪犬さん、先日はお世話になりました
    ナベキチです
    優勝おめでとうございます
    良い勉強させて頂きました

    これからちょくちょく覗かせて頂きまーっす(^o^)

  3. >ナベキチさん
    こちらこそです~
    ありがとうございます!
    諸先輩方を前に恐縮ですが、今後ともよろしくお付き合いの程を~~~

コメントを残す